占い師専門の集客コンサルタント 石武丈嗣のブログ > 石武丈嗣と昔話・体験談 > 【パート38】石武の過去話~他人に仕事を任せる?~

全記事数:428

プロフィール

  • 石武丈嗣
  • 石武 丈嗣(こくむ じょうじ)
  • 現27歳の富山県富山市出身。
    元機械工だったが、講師活動の実力を見込まれ、現在の人材派遣会社の集客マーケッターとして引き抜かれる。セミナーを開けば毎回満席となるため、富山県内では「らいおん講師」や「にゃんこ講師」と呼ばれ親しまれている。

カレンダー

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

最新記事

ランダム記事

人気記事

関連記事

メールマガジン「行列のできる集客コンサルタント」

経営、集客に役立つ情報やセミナーの開催案内など
お届けします。ぜひご登録ください。(登録無料)

メールマガジンの詳細はこちら

2015-02-26

テーマ:石武丈嗣と昔話・体験談

【パート38】石武の過去話~他人に仕事を任せる?~

Pocket

今日は他人に仕事を任せる利点の

続きを書いていこうかと思う。
他人に仕事を任せる利点は

前回に書いたような教育面の向上もあるが、

何より特になるものは、

“時間の節約”ということだ。

これが2点目のメリットだ。
単純な話だが、

他人に仕事を任せてしまえば、

その分、自分の時間が持てる。

当たり前と言えば、当たり前の話だ。
運転は出来るが、

運転手を雇えば、

運転時間を削減できるのと一緒だ。

運転時間を削減できれば、

その間、睡眠が出来たり、

勉強が出来たり、自由に出来る。

その分、運転手の人件費は払わないと

いけないわけだが、

それでも時間が浮くことは事実と言える。
多くの方々は、

“目に見える”ものは

節約しようとするが、

“目に見えない”ようなものを

節約することは少ない。
例えば、

代表的なのが“お金”である。

金銭を節約するものは多いが、

“時間”を節約する人間は

極少数とも言える。
それはとにかく、

そういう利点もあるということだ。
さて、最後の3点目だが、

こちらも“ある種の時間節約”なのだが、

“他者の知識を活用できる”ことと

言っておこう。
具体的な例を言えば、

例えば、あなたは仕事のために、

税金の勉強をしていたとしよう。

そこから数年後、

起業したとしよう。

もしも、起業した分野が、

税理士というような税の専門家ならとにかく、

別の分野だった場合。

起業してからは、しっかりと税理士を雇うことを

お薦めするということだ。

いくら税の勉強をしていたとしてもだ。
これは当たり前のことかもしれないが、

法律はその都度、改正されたり、制定されたり、

もしくは廃止になったりする。
故に、いくら勉強を重ねていたとしても、

それが“数年前の知識”だったら、

時として当てにならないときもあるということだ。

また、それらを勉強するのも良いが、

その都度、税の勉強をしていたら、

時間が無くなってしまうし、

他のことが疎かになってしまうかもしれない。

あなたが税理士のような税のことで

金銭を稼いでいるか、

もしくは、息抜きの趣味として

勉強している場合は除くが。
これも勉強時間を省くための

時間短縮に近いものがあるが、

このようにして、

他者に仕事を任せることにより、

時間を節約できたり、

もしくは、他人の知識を

利用できたりするというわけだ。
さて、せっかくなので、

時間短縮の話を少ししたいと思うが、

当たり前のことかもしれないが、

人は1日24時間1年365日で過ごしている。
しかしながら、

時間は有限だが、

時間の使い方は無限だ。
同じ24時間でも、

効率良く使って、

30時間にも40時間にも

するような人間がいる。

実際には時間が増えるわけではないが、

効率良く動いて、

他の方の2倍も3倍も

仕事をこなすという意味合いだ。
さて、時間を節約する際に大切なことは、

まずは“意識付け”から始まる。
つまり、日常からの

“ムダ”を探すことから始まるわけだ。
もっと具体的に言えば、

“コストパフォーマンス”を

考えると言うことになる。
例えばだが、

隣の街の野菜が、

今住んでいる街の野菜より

10円安かったとしよう。

ただ、隣町には車で30分近くかかる。
この場合、車の燃料や金銭単価で

考えるのも一考だが、

“時間的”に見て、

それだけ時間をかけて良いものか

考えるということだ。
隣町まで車だと往復で60分。

果たして、それだけの時間をかけて

いくべきかどうか?

あなただったらどうするだろうか?
つまりは、コストパフォーマンスというのは

簡略に言えば、こういうことだ。

時間と対価を考えて、

行動すること。
大切なことでありながら、

こういうことを考えて行動を起こす方々は

一般的に仕事が“デキル方”くらいしかいない。

一般的な方々はコストパフォーマンスなどを

考えることは、滅多に無いと言われがちだが、

あなたは是非とも、

こういう気構えで行動して欲しいと

私自身思うこの頃だ。

Pocket

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • お問い合わせ
  • 売らない館《占い館》

カテゴリ一覧