占い師専門の集客コンサルタント 石武丈嗣のブログ > 石武丈嗣と昔話・体験談 > 【パート25】石武の過去話~深夜の勉強~

全記事数:428

プロフィール

  • 石武丈嗣
  • 石武 丈嗣(こくむ じょうじ)
  • 現27歳の富山県富山市出身。
    元機械工だったが、講師活動の実力を見込まれ、現在の人材派遣会社の集客マーケッターとして引き抜かれる。セミナーを開けば毎回満席となるため、富山県内では「らいおん講師」や「にゃんこ講師」と呼ばれ親しまれている。

カレンダー

2019年1月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

最新記事

ランダム記事

人気記事

関連記事

メールマガジン「行列のできる集客コンサルタント」

経営、集客に役立つ情報やセミナーの開催案内など
お届けします。ぜひご登録ください。(登録無料)

メールマガジンの詳細はこちら

2015-02-13

テーマ:石武丈嗣と昔話・体験談

【パート25】石武の過去話~深夜の勉強~

Pocket

今回話す内容は、

元クライアント様でもある“冥龍(めいりゅう)”さんの

お話しと“モチベーションコントロール”の話を

していこうかと思う。
さて、元クライアント様でもある、

冥龍さんは、

元々は将来的に“コーチング”を学んで、

仕事や人間関係向上に役立てたいと言う為に、

私に依頼をされてこられたのが始まりだった。
今でも私の中では、

彼ほどの“努力家”というのは、

なかなか滅多に出会えないような、

逸材だったと思っている。
そんな彼だが、

本職の方は“機械の設計士”

つまり、設計図を描いたりする方なわけだ。
そのせいがあってか、

本職の設計士の方でも学ぶべきことは多いし、

勉強をしたいことが多かったそうだ。
例えば、英語の勉強とか、

もしくは、機械工学の勉強とかもだったらしい。
もちろん、彼は仕事中は、

勉強をするわけにはいかないので、

家に帰ってから勉強をしていたわけだ。
家に帰るのは、

早くても21時ごろと言われていましたね。
そこから、勉強をするので、

深夜1時くらいまで勉強を重ねることも、

コーチングをしていた当時はあった。
そう思えば、非常に努力家な方だったというのが、

本当に印象深かった。
さて、そんな彼だが、

もちろん、家に帰ってから、

モチベーションが上がらなかったり、

勉強をする気分にならないときも

あったと言う。
そんな時、

彼とコーチングした時に、

私が言ったことはこうだった。
『家に帰ってから、やる気を失ったり、

気分になれなかったら、

家に帰るのではなく、

どこからに寄り道したり、勉強をする場所を

作ってみてはいかがでしょうか?』
という内容だった。
皆様ももしかすれば、

経験があるかもしれない。
例えばだが、

学生の頃、家では勉強が捗らないので、

図書館に行ってみたり、

静かな場所に訪れて勉強したり、

そのような“周りの環境を変えて”

勉強が捗ったという経験は無いだろうか?
仮に無かったとしても、

実際に聞いたことはあるかもしれないと思うが、

社会人になってからも同じだ。
社会人になってからの勉強でも、

同じようなものだ。
むしろ“お金”がある分、

学生よりも、少し贅沢が出来るものだ。
例えば、

ファミレスに行って勉強したり、

もしくは、喫茶店でもいい。

それから、ネットカフェという手もあるし、

ホテルを取るという手もある。
そのような話をしてみたところ、

冥龍さんは『では、ファミレスで勉強してみます。』

とおっしゃられたことは今でも覚えている。
実際に、それから、

冥龍さんが勉強する場所は、

“ファミレス”ということになり、

家で勉強をするよりも“一段”と

勉強できるようになったと伺っている。
このように“環境”を変えて、

モチベーションを上げたり、

維持するような方法もあるということだ。
さて、あなたはこういった方法を

うまく利用することは出来ないだろうか?
実際に彼が深夜遅くまで、

勉強を出来たのは他の要因も

確かにあったのだろうが、

この“環境”という点もあったのは確かなことだ。
なぜなら、彼は家にいたら、

油断してしまって、眠ってしまったり、

休憩時間が延びてしまったりと、

いろいろな影響が出たからだ。
それに対し、ファミレスにいた際は、

やはり、適度に緊張感があり、

油断して休むことも無ければ、

眠ってしまうことを避けることも出来たわけになる。
多少の金銭はかかったものの、

彼にしてみれば、

良い“自己投資”と言えたのだろう。
私自身も、この方法を

使う時は良くあり、

私の場合は休日の日に良く使う。

特に使う場所は“ネットカフェ”だ。
私の家の近くのネットカフェは、

早朝料金が安いために、

4時起でネットカフェに出かける時も

しばしばある。

さらに早いときなど、

深夜2時に出かける時もある。
確かに私も平日ならとにかく、

休日の日は家にいると、

緊張感が無いせいか、

いつも以上に遅く起きたり、

もしくは、無駄にダラダラすることが

あるので、

それらを防ぐ意味合いでも、

私自身、ネットカフェという場所を利用して、

環境を変える工夫をしている。
実は言うと、

このような“休日”の時に行くのは、

“ネットカフェ”だけでなく、

わざわざ金銭をかけて、

“ホテルの準スイートルーム”や

それこそ“スイートルーム”を取ることも

1ヶ月か2ヶ月に1回くらい取っていたりする。
これについての理由は、

次回に書かせていただくが、

このような“良い環境”を作り出すということは、

非常に重要と言うことを

最後のまとめにしておこうかと思う。
さて、次回は、

現クライアント様の“冠武(かんむ)”さんの話をしつつ、

この“良い環境”を作り出すことを

さらに詳細に語っていこうかと思う。
次回もどうぞお楽しみに。

今日もお読みいただきありがとうございました。

Pocket

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • お問い合わせ
  • 売らない館《占い館》

カテゴリ一覧