占い師専門の集客コンサルタント 石武丈嗣のブログ > 日々の気づき > 辛いときには辛いと言えばいい。

全記事数:428

プロフィール

  • 石武丈嗣
  • 石武 丈嗣(こくむ じょうじ)
  • 現27歳の富山県富山市出身。
    元機械工だったが、講師活動の実力を見込まれ、現在の人材派遣会社の集客マーケッターとして引き抜かれる。セミナーを開けば毎回満席となるため、富山県内では「らいおん講師」や「にゃんこ講師」と呼ばれ親しまれている。

カレンダー

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

最新記事

ランダム記事

人気記事

メールマガジン「行列のできる集客コンサルタント」

経営、集客に役立つ情報やセミナーの開催案内など
お届けします。ぜひご登録ください。(登録無料)

メールマガジンの詳細はこちら

2015-03-28

テーマ:日々の気づき

辛いときには辛いと言えばいい。

Pocket

辛いときには辛いと言えばいい。

辛いときには辛いと言えばいい。
苦しいときには苦しいと言えばいい。
その言葉は誰かが聞くものであり、
自分に語るもの。

生きることとは辛く、悲しい。
しかし、生きることとは同時に素晴らしい。

時に、人から嫌われることもある。
傷つけられることもあれば、
泣きたくなることもある。

だが、それでいい。
それでもいい。

人に嫌われても、
辛いことがあろうとも、
私は生きている。

誰のためでもない、
自分のために。

自分のために、
ここに立っている。

あなたは何のために立つ。
私は自分のために。
そして同時に人のために。

大切な誰かのために。
まだ見ぬ誰かかもしれないし、
これから会う誰かかもしれない、
もう会ったあの人かもしれない。

そのために立つ。

生きることは辛い。
しかし、楽しく嬉しいもの。

見渡しても暗く、誰がいるかも
よくはわからない。
しかし、確実に誰かがいる。

誰かがあなたを見て、
あなたは誰かを見ている。

1人ではない。決して。

どんなに傷つけられても、
どんなに悲しいことが起こっても、
どんなに苦しくて泣きたくても。。。

あなたは1人ではない。決して。
そばには誰かがいて、
誰かが見守っている。

手をさしのばしてくれるのは、
誰かは私は知らない。
しかし、誰のために、
何のために、生きるためにか。

苦しくとも、きっと
「あの人」がいる。
そして「自分」がいる。

立ち止まって、振り返って、
あの道を進んできた自分がいる。

・・・それだけで、
そうだからこそ、
その道はこれからも、この先も、
今まで通り続く。

私は未来など知らない。
未来を読めなどしない。

しかし、1つだけ言えることがある。

自分は決して1人ではない。
仲間や家族や友人や、
何より「大切な人」がいる。
私にも「あなた」にも。そして、この先にも。ずっと。

辛いときには辛いと言えばいい。

Pocket

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • お問い合わせ
  • 売らない館《占い館》

カテゴリ一覧