占い師専門の集客コンサルタント 石武丈嗣のブログ > 商品配置とコンビニの工夫 > コンビニから見る適切な商品配置とは?コンビニでの商品配置とマーケティングから見る、商品の魅せ方と工夫とは?

全記事数:428

プロフィール

  • 石武丈嗣
  • 石武 丈嗣(こくむ じょうじ)
  • 現27歳の富山県富山市出身。
    元機械工だったが、講師活動の実力を見込まれ、現在の人材派遣会社の集客マーケッターとして引き抜かれる。セミナーを開けば毎回満席となるため、富山県内では「らいおん講師」や「にゃんこ講師」と呼ばれ親しまれている。

カレンダー

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

最新記事

ランダム記事

人気記事

関連記事

メールマガジン「行列のできる集客コンサルタント」

経営、集客に役立つ情報やセミナーの開催案内など
お届けします。ぜひご登録ください。(登録無料)

メールマガジンの詳細はこちら

2014-10-28

テーマ:商品配置とコンビニの工夫

コンビニから見る適切な商品配置とは?コンビニでの商品配置とマーケティングから見る、商品の魅せ方と工夫とは?

Pocket

コンビニから見る適切な商品配置とは?コンビニでの商品配置とマーケティングから見る、商品の魅せ方と工夫とは?

前回は自分の商品・サービス
類似の商品があるか調べてみようと
書かせて頂きました。

見るものを見て差別化していこう。

今日は自分の商品・サービスの魅せ方
書かせて頂こうと思います。

自分の商品・サービスを正直に見せることは
もちろんのことですが、
もう少し魅せ方を工夫すると
非常に良くなる場合が多いものです。

例えばですが、
コンビニの商品陳列の例を挙げると、
【人間は左回りに移動をする習性】
がありますので、
画像にすると下記のような動きと陳列になります。

配列1

ざっくりとコンビニの陳列場所と陳列の呼び名は
下記のような形になっています。

配列2

例えば、中島の棚の両端
衝動買いが発生しやすいエリアのため、
ここにはガムや飴などの
お菓子部類や栄養ドリンクなどが
置かれる傾向があります。

また基本的に店内に来たお客は、
壁伝いに移動する傾向が強いため、
衝動買いしやすいものは
壁面に置く傾向があります。
例を挙げると、
雑誌やファーストフード類、飲み物が
それらに当たります。

他には出入り口が目立つ位置のため、
イベント商品・キャンペーン商品
置くようにします。

棚の配置以外に
商品の配置も気になることが多いのですが、
特に売りたい商品がある場合、
棚の真ん中に定番商品を置いて、
そのすぐ【右横に売りたいものを置く】という
方法があります。

定番商品に目を惹きつけて、
人の視線はそこから【右側にずれる】ため、
定番商品の右側に商品を置くと
非常に効果的なわけです。

ただ商品・サービスの魅せ方だけでも、
このような形で違うわけです。

今回はコンビニの話ばかりでしたが、
次回はもう少し違った例を
挙げてみたいと思います。

次回もどうぞお楽しみに。
今日もお読みいただき
ありがとうございました。

今日の教訓:
商品配置は少し工夫するだけで売上が劇的に変わる。』

コンビニから見る適切な商品配置とは?コンビニでの商品配置とマーケティングから見る、商品の魅せ方と工夫とは?

Pocket

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • お問い合わせ
  • 売らない館《占い館》

カテゴリ一覧