占い師専門の集客コンサルタント 石武丈嗣のブログ > ユーモアセンスの磨き方、その2 > ユーモアセンスを磨くためには【ネタ探し】が重要?ユーモアにもバリエーションが必要。そのための情報集はさらに重要である!

全記事数:428

プロフィール

  • 石武丈嗣
  • 石武 丈嗣(こくむ じょうじ)
  • 現27歳の富山県富山市出身。
    元機械工だったが、講師活動の実力を見込まれ、現在の人材派遣会社の集客マーケッターとして引き抜かれる。セミナーを開けば毎回満席となるため、富山県内では「らいおん講師」や「にゃんこ講師」と呼ばれ親しまれている。

カレンダー

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

最新記事

ランダム記事

人気記事

関連記事

メールマガジン「行列のできる集客コンサルタント」

経営、集客に役立つ情報やセミナーの開催案内など
お届けします。ぜひご登録ください。(登録無料)

メールマガジンの詳細はこちら

2014-08-17

テーマ:ユーモアセンスの磨き方、その2

ユーモアセンスを磨くためには【ネタ探し】が重要?ユーモアにもバリエーションが必要。そのための情報集はさらに重要である!

Pocket

103: ネタ不足

前回では、ユーモアセンスの磨き方
書かせて頂きました。

ユーモアセンスはこうやって磨くことが出来る!

今日は前回とは
別のユーモアセンスの磨き方について
書いていこうと思います。

さて、そもそもユーモアセンスというのは、
【視点の変更】から見出せるものが
多いものです。

つまり頭を柔らかくして、
「あの人から見たらどうなのだろう?」
「俯瞰したらどう見えるのだろう?」
というようなことを考えます。

ですが、その頭を柔らかくしても、
【ユーモアセンス】が身につかない場合も
存在します。

それはどんな時かと言えば、
【ネタ不足】のときです。

ブログの記事の作成や
ビジネスアイディアと同じで、
【ネタが不足するとユーモアは出てこないのです。

それ故にユーモアセンスを磨く際は、
コメディ映画を見たり、落語を聞いたり、
コミカルな番組を見たりすることが、
非常に効果的です。

ジョークやコメディを
よく鑑賞すると創造性が高くなるという
研究結果を発表している
研究機関もあったりもしますが、
実際にネタの収集は大切です。

たし算しかわからない小学1年生に、
いきなり「かけ算をしてください」と言っても
どんなに考えても出来ないのが普通です。

その際には、
【かけ算のやり方】を教えないといけません。

ユーモアセンスも同じです。
やりかたを脳に教える必要があります。
そのための勉強です。

ジョークやコメディは
ただ面白いのではなく、
視点を変えたり、表現を変えて、
面白くしています。

ですので、
それらを自然と勉強できるのです。

実は言うと、
他にもコメディのような
ユーモアあふれるものを見る理由が
あるのですが、それは次回
書いていきたいと思います。

では今日の設問です。

『あなたの好きな
笑える番組映画演劇
どういったものがあるでしょうか?』

以上です。
少しの間、お考えください。

それでは次回に続きます
次回もどうぞお楽しみに。
今日もお読みいただき
ありがとうございました。

今日の教訓:
ユーモアセンスを磨くためには、
ユーモアあふれるもの
接触することが効果的である。』

103: ネタ不足

Pocket

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • お問い合わせ
  • 売らない館《占い館》

カテゴリ一覧