占い師専門の集客コンサルタント 石武丈嗣のブログ > マーケット実例とキザミのり > あるハサミの話。売れないハサミのマーケティング実話、このハサミが売れるようになった秘訣は方向転換?

全記事数:428

プロフィール

  • 石武丈嗣
  • 石武 丈嗣(こくむ じょうじ)
  • 現27歳の富山県富山市出身。
    元機械工だったが、講師活動の実力を見込まれ、現在の人材派遣会社の集客マーケッターとして引き抜かれる。セミナーを開けば毎回満席となるため、富山県内では「らいおん講師」や「にゃんこ講師」と呼ばれ親しまれている。

カレンダー

2018年7月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

最新記事

ランダム記事

人気記事

関連記事

メールマガジン「行列のできる集客コンサルタント」

経営、集客に役立つ情報やセミナーの開催案内など
お届けします。ぜひご登録ください。(登録無料)

メールマガジンの詳細はこちら

2014-09-30

テーマ:マーケット実例とキザミのり

あるハサミの話。売れないハサミのマーケティング実話、このハサミが売れるようになった秘訣は方向転換?

Pocket

あるハサミの話。売れないハサミのマーケティング実話、このハサミが売れるようになった秘訣は方向転換?

前回では自分の時間
しっかり確保しようと
書かせて頂きました。

自分の時間をしっかり作る意味でも他者を育てていこう!

今回は起業する際に、
何で勝負したら良いかを
書かせて頂きます。

さて1つ有名なマーケティングの話を
しようとおもいます。

「とあるハサミ」の話です。

元々、きざみ海苔を簡単に作れるという名目で、
ハサミの刃が何重にもなっているハサミです。
下記の画像のようなハサミですね。

ss-5-3

キャッチコピーとして
「きざみ海苔が簡単に作れる!」
というようなキャッチコピーで売り始めましたが、
全く売れませんでした。

確かにきざみ海苔を簡単に作れる
というキャッチコピーは
当時は他にはありませんでしたので、
ある意味、革命的でした・・・が、
売れなかったのです。

当然と言えば、当然です。
何せ新しいものですから、
知っている人がおらず、
需要自体も無く、うまくいきませんでした。

そのおかげで在庫が山のようにでき、
作製工場では、
処分しようか迷っていました。

さて、ここで開発者は
どうしたでしょうか?

・・・

・・・

・・・

答えは【方向を変えた】のです。
答えは下記の画像です。

img_04

そうシュレッダー用のハサミに
方向転換したのです。

当時はシュレッダー用のハサミは
ありませんでした。

業務用で値段が高いシュレッダーと
手回しで使えるやや高い
家庭用シュレッダーくらいしかなく、
どちらにしても良い値段がかかり、
主婦層には手は伸びませんでした。

しかし、このハサミならば、
普通のハサミより、やや高い値段で、
主婦層も手を出せたという話です。

おかげで大ヒットを誇り、
爆発的ヒットを誇りました。

素晴らしい話ですよね。
では1つ問題です。

『この話の決定的な問題点は、
どこでしょうか?』

以上です。
今日はこれを設問して、
次回に続きます。

次回もどうぞお楽しみに。
今日もお読みいただき
ありがとうございます。

今日の教訓:
『アイディアを方向転換させると、
売れないものが売れるようになる時もある。』

あるハサミの話。売れないハサミのマーケティング実話、このハサミが売れるようになった秘訣は方向転換?

Pocket

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • お問い合わせ
  • 売らない館《占い館》

カテゴリ一覧