占い師専門の集客コンサルタント 石武丈嗣のブログ > マネジメントと教育 > 他者を育てることの意味。自分の時間をしっかり作る意味でも他者を育てていこう!

全記事数:428

プロフィール

  • 石武丈嗣
  • 石武 丈嗣(こくむ じょうじ)
  • 現27歳の富山県富山市出身。
    元機械工だったが、講師活動の実力を見込まれ、現在の人材派遣会社の集客マーケッターとして引き抜かれる。セミナーを開けば毎回満席となるため、富山県内では「らいおん講師」や「にゃんこ講師」と呼ばれ親しまれている。

カレンダー

2018年7月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

最新記事

ランダム記事

人気記事

関連記事

メールマガジン「行列のできる集客コンサルタント」

経営、集客に役立つ情報やセミナーの開催案内など
お届けします。ぜひご登録ください。(登録無料)

メールマガジンの詳細はこちら

2014-09-29

テーマ:マネジメントと教育

他者を育てることの意味。自分の時間をしっかり作る意味でも他者を育てていこう!

Pocket

他者を育てることの意味。自分の時間をしっかり作る意味でも他者を育てていこう!

前回では自分ではなく、
他者の力を上手く使っていこうと
書かせていただきました。

他者を頼ることも才能である?

今回は自分の力ではなく、
他者の力を借りることのメリットを
書かせて頂きます。

良くやってしまいがちが、
起業でもそうですが、
会社内でもそうですが、
【自分で何でもすると時間が無くなります

確かに自分でやった方が早かったり、
人を雇うわけではないので、
お金がかからなかったりしますが、
それでも【自分の時間】は確実に減ります。

自分の時間が減れば、
やれることが減っていきます。

そうなると会社内であれば、
【部下が育たない】という現象が起き、
起業・独立となれば、
【仕事する時間が足りなくなる
という現象が起きます。

自分の時間も【資本】です。
特に起業したての創業者の場合、
自分一人で動くとなれば、
24時間という時間を
どう活かすかは、いろいろな意味で
生死にかかわります

時間の使い道は非常に重要です。
もちろんですが起業家としては、
【事務員1人雇って、自分が食べられなくなる
というような状態は避けないといけませんが、
余裕があるのなら、誰かに任せる方が、
自分の時間を持て、なお売上を上げることが
可能になります。

起業や独立はサラリーマンに比べ、
将来のリスクも大きいことが特徴ですが、
元々、起業・独立というのは
そういったものです。

しっかりと金銭や時間の計算をしつつ、
自分の仕事を片付けていきましょう。

では次項につきましては、
せっかくですので起業した後に、
考えるべきことを
書いていこうと思います。

次回もどうぞお楽しみに。
今日もお読みいただき
ありがとうございました。

今日の教訓:
『自分の力だけでなく、
他者の力も借りていこう。』

他者を育てることの意味。自分の時間をしっかり作る意味でも他者を育てていこう!

Pocket

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • お問い合わせ
  • 売らない館《占い館》

カテゴリ一覧