占い師専門の集客コンサルタント 石武丈嗣のブログ > ブログと問い合わせフォームの設置位置と効果 > 問い合わせフォームと作成後の設置。ヘッダーやサイドバーに設置できない際は、問い合わせはどこに設置したら良いのか?

全記事数:428

プロフィール

  • 石武丈嗣
  • 石武 丈嗣(こくむ じょうじ)
  • 現27歳の富山県富山市出身。
    元機械工だったが、講師活動の実力を見込まれ、現在の人材派遣会社の集客マーケッターとして引き抜かれる。セミナーを開けば毎回満席となるため、富山県内では「らいおん講師」や「にゃんこ講師」と呼ばれ親しまれている。

カレンダー

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

最新記事

ランダム記事

人気記事

関連記事

メールマガジン「行列のできる集客コンサルタント」

経営、集客に役立つ情報やセミナーの開催案内など
お届けします。ぜひご登録ください。(登録無料)

メールマガジンの詳細はこちら

2014-10-13

テーマ:ブログと問い合わせフォームの設置位置と効果

問い合わせフォームと作成後の設置。ヘッダーやサイドバーに設置できない際は、問い合わせはどこに設置したら良いのか?

Pocket

問い合わせフォームと作成後の設置。ヘッダーやサイドバーに設置できない際は、問い合わせはどこに設置したら良いのか?

前回では問い合わせフォームは
比較的簡単に作れる
書かせて頂きました。

問い合わせフォームと配置手段と作製方法について。

今日は、問い合わせフォームを
作った後の話になります。

さて問い合わせフォームを作った後、
このフォームをどう活用するかが
鍵になってきます。

問い合わせフォームを
ヘッダーやサイトバー上部に
ボタンを設けると良いことは、
前回でも語った通りです。

問い合わせフォームと配置手段と作製方法について。

ある程度、ネットに強い方なら、
簡単なボタンを作ることは
出来るかと思います。

しかし、そうでない方は、
どうしたら良いでしょうか?

そういった場合は本文上部と下部に、
リンクを付けて誘導するのがよいです。
手っ取り早く簡単な方法です。

問い合わせの位置は、
本来目立たせるところにおくと
効果的なので、ヘッダーかサイドバー上部ですが、
クリック率が高い本文上部・下部
置くことも効果的です。

ただなるべくならこの位置は、
【広告や告知】に使いたいため、
ここに問い合わせを置くのは、
ある意味、最終手段に近い形です。

問い合わせの位置は、
わかって頂けたかと思いますが、
あとはメッセージが来たら、
しっかりと返信するだけです。

せっかく問い合わせてこられたのですから、
丁寧に対応しましょう。

問い合わせの際に
同じく注意点もあります。
例えば、よくあるのが肩書きですが、
これのことに関して、
次回は語っていこうと思います。

次回もどうぞお楽しみに。
今日もお読み頂き
ありがとうございました。

今日の教訓:
『問い合わせボタンをヘッダーやサイドバーに
置けない場合は、本文上下に置くという手もある。』

問い合わせフォームと作成後の設置。ヘッダーやサイドバーに設置できない際は、問い合わせはどこに設置したら良いのか?

Pocket

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • お問い合わせ
  • 売らない館《占い館》

カテゴリ一覧