占い師専門の集客コンサルタント 石武丈嗣のブログ > ダイレクトメール(DM)と開封率を上げるコツ > ダイレクトメールの開封率を上げる簡単なコツ。ダイレクトメールの開封率を上げるためには【折らない】ことが基本!?

全記事数:428

プロフィール

  • 石武丈嗣
  • 石武 丈嗣(こくむ じょうじ)
  • 現27歳の富山県富山市出身。
    元機械工だったが、講師活動の実力を見込まれ、現在の人材派遣会社の集客マーケッターとして引き抜かれる。セミナーを開けば毎回満席となるため、富山県内では「らいおん講師」や「にゃんこ講師」と呼ばれ親しまれている。

カレンダー

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

最新記事

ランダム記事

人気記事

関連記事

メールマガジン「行列のできる集客コンサルタント」

経営、集客に役立つ情報やセミナーの開催案内など
お届けします。ぜひご登録ください。(登録無料)

メールマガジンの詳細はこちら

2014-11-08

テーマ:ダイレクトメール(DM)と開封率を上げるコツ

ダイレクトメールの開封率を上げる簡単なコツ。ダイレクトメールの開封率を上げるためには【折らない】ことが基本!?

Pocket

ダイレクトメールの開封率を上げる簡単なコツ。ダイレクトメールの開封率を上げるためには【折らない】ことが基本!?

前回はチラシの
テストマーケティングについて
書かせて頂きました。

チラシを配る際のルールとテストマーケティングについて。

今回はダイレクトメールについてです。
ダイレクトメールに関しては、
書き方よりもまず重要なことがあります。
それは【配り方】です。

ダイレクトメールと言えば、
一般的に3つ折のイメージがありますが、
実際のところ、3つ折にするより、
角2封筒のように折り畳まない方が、
【開封率が20%程度、上がります】

また、ただの角2封筒よりも、
透明な角2封筒の方が、
さらに開封率はさらに20%程度あがります。

ですのでダイレクトメールといえども、
少し工夫するだけで開封率を上げられます。

こんな例もありました。
公共料金に似せた封筒を作り、
それを送ったという手法です。

面白い方法ではありますし、
実際にこれは開封率が跳ね上がりました。

他にも、こんな例もありました。
ダイレクトメールで送る際に、
【親展】と付けておくという
シンプルな方法です。

この言葉を付けるだけで、
重要性が増し、開封率が上がりやすかったりもします。

もちろん、これらのような
配る工夫をしっかり考えてから、
内容に移ってみましょう。

では少し内容の話を言いたいのですが、
特にダイレクトメールで気をつけるべき内容は、
何よりキャッチコピーです。

ダイレクトメールはキャッチコピーが
命と言っても過言ではありません。
特に若者を狙っている商品・サービスであれば、
キャッチコピーがうまくないと、
まず売れなくなってしまいます。

せっかくですので、
次回はそのことについて
もう少し詳しく書いていこうと思います。

次回もどうぞお楽しみに。
今日もお読みいただき
ありがとうございました。

今日の教訓:
『ちょっとした工夫でダイレクトメール
開封率は飛躍的に上がる。』

ダイレクトメールの開封率を上げる簡単なコツ。ダイレクトメールの開封率を上げるためには【折らない】ことが基本!?

Pocket

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • お問い合わせ
  • 売らない館《占い館》

カテゴリ一覧